厳しい競争の中で、最先端材料や化学プロセスに携わる企業は、高品質で差別化できる製品を生産すると同時に、コストを削減しなくてはならないという課題に直面しています。

新たなビジネス成長を創造し、急速に変化する市場のニーズに対応するため、材料メーカーは品質を高め、製品を差別化するための実用的なソリューションを提供するウォーターズの分析技術のポートフォリオを検討しています。材料メーカーが直面している分野として、色素増感型太陽電池の研究開発、液晶材料の研究開発と製造管理、有機EL材料の不純物プロファイリングと同定、有機合成化学における合成の検証、リチウムイオン電池用ソリューションなどの競争力を高めるソリューションがあります。これらの実用的なアプリケーションが有機材料分野での研究開発および製造管理に役立つと考えています。

機能性材料に対する需要の高まりとともに、企業は人と環境への影響および規制を考慮した安全な製品を開発および提供することが義務付けられています。PFOA(ペルフルオロオクタン酸)およびその類縁物質もまた規制化合物であり、2020 年 7 月 4 日以降、EU の REACH 規制によって規制の対象となります。

特殊材料市場において収益性を維持するためには、特殊機能を持つ高分子材料を開発し、迅速に上市する必要があります。機能性高分子材料としての性能を把握するためには、補完的で多様な分析手法を用いた解析が不可欠です。

歩留まりの向上と不良品の削減は、収益性とブランドイメージの両方を高めます。そのため、開発および製造段階において、重要となる要因を分析、認識し、コントロールすることが不可欠です。最高品質の製品を達成するためには、使用される分析技術に対する要望がますます厳しくなり、そしてより高い感度が要求されます。

原材料、中間物、および最終製品中の不純物分析と管理は、化学工業における製品の特性、特に微量の不純物の存在を管理する上で重要です。例えば有機化合物では製品の特性、安全性、性能に大きな影響を及ぼすことがあります。

詳細
詳細
詳細
詳細

合成高分子材料は、分子量の分布を有する分子の混合物であり、高分子材料において、この混合物はこの分布が存在する状態で開発され使用されています。この理由から分子量分布の特性解析は材料品質基準を明確化し、革新的な製品開発をスピードアップするために不可欠な手法です。

合成ポリマーの研究開発は、容器、保護ケースとして用途から、医療用、半導体製造関連材料、被膜、塗料材料などの機能性を有する材料としての用途へと拡大しています。その特性評価はより重要な意味を持つようになり、高分子材料の品質基準を明確化し、革新的な製品開発のスピード向上に有用なアプローチ法として活用されています。

LCD は、テレビ、携帯電話およびコンピューター用ディスプレイから工業用計測機器のパネル、航空電子ディスプレイ、および屋外用電工掲示まで日常生活や職場の広い用途において普及しています。

エレクトロルミネッセンス (EL) 材料は、曲面および大型ディスプレイ、照明用器具、時計イルミネーション、フラットウォール装飾イルミネーション、医療用ツールディスプレイ、コンピューター、携帯電話、広告掲示板など広く普及しています。

詳細
詳細
詳細
詳細

高い競争力のある有機EL製品を開発し製造するためには、基本性能(新規性)、高度な製造技術とその管理による供給の安定化、製造コストの3つの重要なな課題に焦点をあてる必要があります。

リチウムイオン電池は、高エネルギー容量、高い作動電圧、低いメモリ効果および急速充電性能など望ましい特性を有していますが、その電池性能の劣化、長寿命化、寒冷地対応などに課題を抱えています。

Global Market Insights の調査によると、太陽電池市場は2015年に世界で350億米ドル以上に成長し、2016年から2024年にかけて12%以上のCAGR(年平均成長率)が見込まれる産業です。

合成化学は、新しい化合物を合成するだけでなく、材料検出、医薬品、ライフサイエンスに数多くの応用が可能な、新しい化合物を設計し調製します。

詳細
詳細
詳細
詳細

アドバンスドポリマー クロマトグラフィーシステム

ACQUITY APC システム:
最適化されたパフォーマンス

ACQUITY APCを用いた分析法開発

ポリマー分離におけるスピード、分離能、フレキシビリティーの
向上

アドバンスドポリマー クロマト
グラフィーシステム

その他アプリケーション、お見積もり、お問い合わせはこちら

お問い合わせ